4.22(土)代々木大会、チケット絶賛発売中!!

「K-1 WORLD GP」2.25(土)代々木 スーパーフェザー級王者・卜部弘嵩、野生の勘を取り戻して挑戦者・大雅を黙らせる!「別に口喧嘩をするわけじゃない。あとは試合で“やってやる”」
2017/02/11


 2月11日(土)神奈川・K-1ジム相模大野KRESTにて、2月25日(土)国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~」のスーパー・フェザー級タイトルマッチで挑戦者・大雅と対戦する王者・卜部弘嵩が公開練習を行った。

 初防衛まで残り2週間、弘嵩は公開練習としてパンチと蹴りのミット打ちを公開。「試合2週間前で疲れもたまってきている」としながらも「しっかりやれることをやって動く。どんな状況でもやりたいことをやる。それをテーマにやっています。そういう意味ではいい仕上がりかなと思います」と仕上がりは順調だ。

 今回の大雅戦に向けて弘嵩が最も力を入れたものがスパーリングだ。大雅戦が決まってから多い時で週4回・1日6Rのスパーリングを続け、出稽古ではボクサーとも拳を交えた。弘嵩曰く「これまでのキャリアの中で圧倒的にスパーリングの数が多い」とのことで、実戦練習の中で倒す勘や感覚が磨かれている。


「今回意識してきたことはスパーリングの回数です。これまでのキャリアの中で圧倒的にスパーリングの数が多いですね。僕は勘や感覚を大事にしているので、とにかくスパーリングを続けてきました。多い時で週4回・一日6R、出稽古でも集中して3Rやったり、ボクサーともやりました。

 スパーリングを増やしてぐったりして動けない時もありましたけど、それでもスパーリングを休まない。実際の試合でもそういう場面はあるわけだし、腕が使えない・足が使えないことはあります。そういう状況でも動くことを考えてやってきました。

(勘は研ぎ澄まされてきた?)そうですね。かなりいい感覚だと思います。試合も近づいてきていい感じです」

 大雅とは昨年9月の世界最強決定トーナメントの準決勝で対戦。この時は1Rにダウンを奪われて判定負けを喫しているが、一発勝負のタイトルマッチに向けて「かなり対策は練っています。倒すパターンや攻略するイメージ?幾つか用意しています」と対策も万全だ。

 記者会見・スカイツリーイベントでは大雅から「タイトルマッチじゃなかったらやる意味がない」や「徹底的にボコボコにする」など挑発的な言葉をぶつけられたが「勝手に言ってろって感じ。追い込みで疲れちゃったから試合に集中させろよって感じです」と弘嵩。

「別に口喧嘩をするわけじゃないから、あとは試合でやってやります。イライラや鬱憤がたまっている? それは試合で“やる”んで、まあいいかなって感じです」と身を持って大雅に分からせるつもりだ。
 


 先日9日には新生K-1として初となるさいたまスーパーアリーナ大会(2017年6月、9月、11月にコミュニティアリーナ。2018年3月21日にメインアリーナ)の開催も決定。

 現在スーパー・フェザー級のベルトを巻く弘嵩も「さいたま進出が決まってモチベーション上がります。本当にうれしく思ったし、そこに向けて一戦一戦、目の前の試合・タイトルマッチを集中することがベストかなと思います」と主役の座を狙っている。

「試合が2週間後に迫りましたが、倒すイメージを持って練習しています。みなさん期待してください」とファンにメッセージを送った弘嵩。これまでここ一番で強さを見せ続けてきた王者・弘嵩は、因縁の挑戦者・大雅を退けてチャンピオンロードを突き進む!

2・25 K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~ 前日会見/K-1 WORLD GP 2017 Press Conference

 © 2014.M-1 Sports Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.