9.18(月・祝)さいたま大会、チケット絶賛発売中!!

「K-1 WORLD GP」4.22(土)代々木 挑戦者・山崎秀晃、2年半越しのリベンジ戦を前に「ワクワクしている」王者ゲーオは「自分の勝利で区切りの代々木大会を締める」
2017/04/21


 4月21日(金)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、明日、4月22日(土)国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」の前日計量・記者会見が行われた。

 いよいよ明日に迫った王者ゲーオ・ウィラサクレックvs挑戦者・山崎秀晃のスーパー・ライト級タイトルマッチ。計量ではゲーオが64.7kg、山崎が65.0kgでリミットをクリアして会見に臨んだ。

 2014年11月の新生K-1旗揚げ戦でゲーオに敗れて以来、約2年半越しのリベンジ戦となる山崎は「2年半ぶりにゲーオ選手と決着をつけられるということでワクワクしています。今まで応援してくれたファン、仲間、家族、すべてに感謝してリングに立ちたいと思います。みんなありがとう」と周囲への感謝、そしてゲーオ戦への想いを語る。

 先月のスカイツリーイベントでは「ゲーオ戦は中入ってドン!で勝つ」と話していた山崎だが、この日も「作戦は同じです。どんな試合になるか楽しみにしてください」と“中入ってドン!”でゲーオ撃破を宣言。

「事前のインタビューでもリベンジを超えた試合になると言ってきましたが、僕は新生K-1が始まってたくさんの人に応援してもらうようになり、たくさんの人を巻き込んで競技生活を送ることが出来ています。その人たちを笑顔にできるように、仲間、ファン、家族を幸せにしたいと思います」と必勝を誓った。

 一方、2度目の防衛戦で山崎の挑戦を受けるゲーオは「この試合の前にタイの軍隊で行われているムエタイのトーナメントで優勝して、金メダルを獲ることが出来ました。仕上がりは順調ですし、身体の状態は100%です」と好調をアピール。

「2014年11月に私のトーナメント優勝で新生K-1がスタートし、代々木大会が明日で一区切りということで(※国立代々木競技場第二体育館が改修工事に入る)、自分の勝ちで締めたいと思います」と新生K-1をけん引してきた王者らしく語った。

“最強決着”と謳われた一戦。王者ゲーオが再び強さを見せつけるか? それとも挑戦者・山崎が悲願のゲーオ超えを果たすか?

【OFFICIAL】K-1 WORLD GP KNOCK DOWN FIGHT JUN.18.2017

 © 2014.M-1 Sports Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.