9.18(月・祝)さいたま大会、チケット絶賛発売中!!

「K-1 WORLD GP」4.22(土)代々木 最年長36歳・寺戸伸近「俺の首を獲れるもんなら獲ってみろ」第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント出場選手が意気込みを語る
2017/04/21


 4月21日(金)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、明日、4月22日(土)国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」の前日計量・記者会見が行われた。

 第2代スーパー・バンタム級王座を争うトーナメント出場全10選手(リザーブファイトを含む)は最初の計量でリミットをクリア。本戦出場8選手が会見に出席し、明日の決戦へ向けて意気込みを語った。

石田圭祐
「明日のために何千、何万ラウンドしてきたかわからないぐらい練習をしてきました。明日はたった3試合で、全試合延長になっても12Rです。12R戦える準備は出来ているので、明日は優勝します」

チャールズ・ボンジョバーニ
「自分はこのトーナメントで優勝するために日本に来た。明日の試合のために厳しい練習に耐え抜いて準備は万全だ。トーナメントなので怪我なく早い時間に勝っていきたいと思う」

武居由樹
「明日はしっかり楽しんで、足立区にベルトを持ち帰りたいと思います。(Krushでは-53kgで戦っているが?)K-1のスーパー・バンタム級(-55kg)は減量がキツくないし、パワーでも負けるつもりはないです」

アントニオ・オルデン
「計量も終えて、準備は万端だ。明日は全力を尽くして戦いたいと思う」

寺戸伸近
「計量が終わって、やっと試合ができるなって感じです。K-1のベルトは俺が6本目に巻くベルトにふさわしいかなと思います。今回の試合は自分のためではなく、支えてくれている人や応援してくれている人のために戦って、必ず優勝します」

ジェイミー・ウィーラン
「試合に向けての準備は整った。今の状態は100%だよ。これからしっかり食事をとって、明日に向けて色々と準備を整えたいと思う」

久保賢司
「計量を終えて、ここにいる全員をぶっ潰す準備が整いました。今回のトーナメントで何で僕に声がかかったんだろうと考えたら、宮田プロデューサーが“やっぱりコイツらじゃダメだ”と思ったから、僕に声をかけたんだと思います。ボスの期待に応えて、全員ぶっ飛ばします」

ソン・ダーチェン
「明日の試合に向けて、全ての準備が整いました。ファンの皆さんには素晴らしい試合を見せるので、明日の試合に期待してください。(久保の強気な発言を聞いて)嬉しく思います。久保選手のように気合いが入った選手を倒して、自分がチャンピオンになりたいと思っています」

 質疑応答では30代としてトーナメントに臨むボンジョバーニと寺戸に質問が上がり、両者はそれぞれ「年齢は関係ない」と力強く答えた。

チャールズ・ボンジョバーニ
「自分は格闘技を始めたのも遅かったので、年齢に関係なくどんどん成長していきたいと思っている。明日の戦いも自分にとって大きな経験になると思うので、ベストを尽くしたい」

寺戸伸近
「自分はトーナメント出場選手の中で最年長(36歳)で、俺は他の選手には持っていないものを持っていると思います。逆に彼らが持っているものを、俺が持っていないわけではないので、アグレッシブな部分でも負けるつもりは全くないです」

 続いて全選手にトーナメント決勝戦で戦いたい相手について質問が出る。ここでは石田が寺戸を決勝の相手に指名するも、寺戸は武居との決勝戦を予想。さらに寺戸からは「俺の首を獲れるもんなら獲ってみろ」という言葉も飛び出した。

石田圭祐
「決勝ではKrush-55kg王者の寺戸選手をぶっ飛ばしたいです。今回のトーナメントは優勝することが目標で、もうひとつの目標は寺戸選手を最高の舞台でぶっ飛ばすことです」

チャールズ・ボンジョバーニ
「決勝で誰と戦いたいという強い希望はない。私は自分の出来る限りのことをして優勝するだけだ」

武居由樹
「決勝で戦いたい相手は特にいないのですが、全試合KOで勝てればいいなと思っています。あと明日はキツイトーナメントになると思うので、今日は早めに寝ます」

アントニオ・オルデン
「私はいつ何時、誰とでも戦う準備はできている。今回のトーナメントでは自分の全力を出して、試合に臨みたいと思う」

寺戸伸近
「決勝には武居選手が来ると思っています。ワンデートーナメントはダメージがあると思うので、どんな内容で、というのは難しいですが、KOで締めるつもりです。(若い選手からターゲットにされることについて)俺って人気があるのかなと思います。ただ俺の首を獲れるもんなら獲ってみろって感じです」

ジェイミー・ウィーラン
「明日のトーナメントはここにいる7人誰と戦うか分からないけど、俺は全員と戦ってもいいと思っている。とにかく明日は3人KOで倒して、俺がK-1スーパー・バンタム級のチャンピオンになりたいと思っている」

久保賢司
「明日は7人全員ぶっ潰すつもりです。まずは1回戦で隣にいるヤツ(ソン・ダーチェン)をぶっ飛ばして、あとは誰でもいいです。ただ武居くんはコメントがかわいいので、あんまり殴りたくないです」

ソン・ダーチェン
「トーナメントなので、誰が勝ち上がるか分からないですが、私は寺戸選手と試合をしてみたいです。寺戸選手は経験豊富の選手なので、彼と戦えば大きな経験になると思います」

 本命不在と言われる混迷のワンデートーナメントを制して第2代スーパー・バンタム級王者のベルトを巻くのは誰だ!?

 またリザーブファイトに出場する伊澤波人と鈴木優也も会見に出席。以下のように意気込みを語った。

伊澤波人
「今回もたくさん練習をして、色んな人のおかげでここまで仕上げることが出来ました。明日はその人たちに感謝して、その人たちを
笑顔にできるように頑張るので、応援よろしくお願いします。

 明日、僕的には刀で切るような一撃でKOをしたいと思っています。ただ一撃でKO出来なかったら、テンションが上がって打ち合いになると思います。理想は一発で相手が倒れることなので、期待していてください。

(リザーブからの優勝について)明日は本戦に出場できるかもしれません。今、自分に運が向いている気がするので、明日僕がベルトを獲って、ベルトを持って明後日の一夜明け会見にくるんじゃないかと思っていてください」

鈴木優也
「明日の試合に向けて、かなり練習をしてきました。明日の試合に勝って次に繋げたいと思います。伊澤選手とは3度目の対決ですけど、バチバチになると思います。そして蹴り合いたいと思います。

(リザーブからの優勝について)まだトーナメントの本戦に出場できる可能性があるし、もし本戦に出たら優勝するつもりで準備してきました。明日を楽しみにしていてください」

【OFFICIAL】K-1 WORLD GP KNOCK DOWN FIGHT JUN.18.2017

 © 2014.M-1 Sports Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.